2014年10月28日火曜日

着床の窓 (ERA着床能検査)

医師の田口早桐です。

体外受精における反復着床不成功、つまり比較的良好な胚を何度か移植しているにもかかわらず妊娠に至らない場合が一番悩ましいケースです。
反復着床障害の原因としては、子宮内膜症、子宮筋腫、内膜ポリープ、卵管水腫などがありますが、それらを全て確認した上で尚着床しない場合もあります。

その場合はやはり内膜に原因があると考えるのが自然の流れです。内膜の着床状態を知る方法として、慢性炎症の有無を調べることも重要ですが、ERA(子宮内膜受容能アレイ)で、その人にとって内膜が着床に最適な状態になるのはいつかを知っておいたほうがいいかもしれません。

我々は「着床の窓(implantation window)」と呼んでいます。子宮内膜が、胚が着床できる状態になったとき、「着床の窓が開いている」といいます。例えは良くないですが、パチンコでもチューリップが開いてこそ、玉が入るのですよね。着床の窓が開く時期を予測して、各々に合った時期に移植する(個別化する)ことで、着床率を上げる工夫ができます。

今はERA検査をすれば、子宮内膜の遺伝子発現により、「着床の窓が開いている」かどうかを検査することができます。私自身はとても有効な検査だと考えています。というのも、以前から、良好形態胚盤胞を何度か移植しても着床しないのに、駄目もとで返した発育の遅い胚で着床して妊娠した、という例をときどき見るからです。これらのことも「着床の窓」が人により後ろにずれている、ということを考えると納得できます。

良好胚を移植しているのに何度も着床しないというのは、本当に歯がゆい状態です。現在当院でもこの検査を始めたばかりで、今数人の方が結果待ちの状態です。現時点で着床しない状態が続き、他に思い当たる原因がなくて打つ手がない場合は、やってみる価値があると思います。
















2014年10月15日水曜日

アップル、フェイスブック で、卵子凍結が保険適応に!

医師の船曳美也子です。

10月15日のCNNニュースによると、超有名IT企業のFacebookとAppleが、
女性従業員の卵子凍結を医療保険の適応対象とする方針を決めた、とのことです。


フェイスブックの保険では、すでに今年の1月から卵子凍結を含む妊娠医療が
最大2万ドル(約214万円)カバーされており、アップルも来年1月から適用を開始
する予定だそうです。

記事によると、「卵子凍結の費用は1サイクルにすくなくとも1万ドル(日本円で約100万円)、
保存に年間500ドル以上。医師からは20個以上の卵子を保存するように勧められるので、
凍結を2サイクル実施する場合が多い。」

となっており、費用以外は、当院と同様の説明がされているようです。

フェイスブックのCOOであるシェリル・サンドバーグは、著書「LEAN IN(リーン・イン)」の中で、
妊娠出産については前もってブレーキをふまないこと、なるようになるから、といっておられ
ます。が、卵子の妊孕性についてはそうはいかないよ、という気持ちで、拙著「女性の
人生ゲームで勝つ方法」では、「アクセルを踏み続けて。もちろん、ナビは確かめてから」と
記させていただきました。しかし、フェイスブックが、企業の先陣を切って卵子凍結に
保険適応をされていたとは!

アベノミクスの成長戦略の柱に女性登用がありますが、女性達が妊孕性を心配して仕事を
躊躇することがないように、こういった技術活用について、日本の企業も是非参考にして
いただきたいと思います。また、女性達には、自衛策があることを知ってほしいと切に思って
います。

2014年10月6日月曜日

足元

理事長の中村嘉孝です。

先月末にリスボンであった、エピジェネティクスと生殖についてのセミナーを聴きに行っていました。
最初はエールフランスで行く予定だったのが、ストライキのために直前になって他社に変更。足元
を見られたのか、高くつく羽目に。ストのニュースは知っていたのですが、もっと注意して早くに対応
しておくべきでした。

エピジェネティクスとは聞きなれない言葉かと思います。遺伝子が人をつくる設計図だというのは
ご存知かと思いますが、最近わかってきたのは、人間は必ずしも遺伝子通りの運命というわけではなく、遺伝子の発現はエピジェネティクスという機構によって制御されているということです。同じ
遺伝子をもつ一卵性の双子であっても、性格などに違いが出てくるのはそのためなのです。

そして、そんなことが生殖医療とどう関係があるのかというと、精子や卵子の元になる細胞ができ
る段階と受精して胚ができる段階で、エピジェネティクスの情報の一部が消去され、再プログラミン
グされることがわかっているのです。ですから、培養環境がエピジェネティクスにどのような影響を
与えるのか、体外受精の分野でも研究が進んできています。

話は変わりますが、先日、一卵性双生児の姉妹を紹介されました。顔も話し方もそっくりで区別が
つかないのですが、身長がまるで違っていました。後で紹介してくれた女性に
「おそらくエピジェネティクスだね」
とセミナーで聴いてきた知識を得意になって説明しようとしたら、
「いや、ヒールの高さが違うだけと思うけど・・・」

もっと、足元には注意しなくてはいけません。















医療法人オーク会のホームページ