2015年11月30日月曜日

反省

理事長の中村嘉孝です。

出生前・着床前診断のセミナーのために、ボストンに行っていました。今回はビジネス寄りのセミナーで、遺伝子診断の機器を作っているメーカーの研究者が多数参加していました。

急速に進歩している分野ですので、もちろん色々な収穫があったのですが、今回、つくづく反省させられたことが一つありました。

それは、NIPTを妊婦に勧めるべきかどうか、という点についてです。もちろん、論理的には羊水検査の方が良いに決まっています。NIPTでは所詮、限られた染色体しか調べられないですから、NIPTで「問題なし」という結果が帰ってきても、他の番号の染色体に異常のある場合がいくらでもあります。

万全を期するなら羊水検査を選択するのが、当たり前の帰結なのです。もちろん、このことは私も十分に承知していたのですが、そうはいってもお腹に針を刺すのが嫌な人もいるだろうから、とご夫婦のお考えに委ねているつもりだったのです。

しかし、セミナーのディスカッションでこの話に及んだ時、ニューヨークの産婦人科教授が「自分の患者さんの70%が羊水穿刺を選択する。」と発言したのです。それに対してコロラド州の産婦人科教授から、「それはニューヨークの女性だからだ」という反論があり、笑ってしまいました。

「ニューヨークの女性=論理的なキャリアウーマン」ということなのでしょうね。

もちろんNIPTは素晴らしい技術ですが、それは公衆衛生の観点から見て効率的に異常を検出できるということです。英国のように医療費がすべて公費で賄われる国で、費用対効果を考えて導入されるものであって、個人が最大の結果を求めて選択すべき類のものではありません。

当院にお越しいただくご夫婦が、ニューヨークのご夫婦よりも論理的でない、などということはないはずです。私自身、もっと積極的に羊水検査の必要性を説得すべきであったと反省をしているところです。






















2015年11月16日月曜日

NHK生殖医療研究会に出席しました

11月11日NHK生殖医療研究会に出席いたしました。

演題は、大阪大学の中村仁美先生による「子宮着床能は前方視的に評価することはできるのか?」、高知大学の泉谷知明先生の「子宮内膜症発症における逆流経血と腹腔内免疫システム」、宇都宮大学の吉澤緑先生の「哺乳動物の生殖工学」でした。

気軽な会なので、質問も飛び交い、楽しく過ごしました。吉澤先生は農学部教授。畜産分野の生殖は人間よりずっと進んでいて、興味が尽きません。そのご講演の中で、印象に残った言葉は、これ。

「家畜の定義ですが、飼いならすだけでは家畜と言いません。人間が生殖をコントロールして初めて家畜といいます。」

「畜産分野の生殖工学の目的は、優良家畜を得ること。ここでいう『優良』とは、『人間にとって』ということです。」




医療法人オーク会のホームページ










2015年11月2日月曜日

硬直

理事長の中村嘉孝です。
モントリオールで開かれていた国際産婦人科超音波学会に参加してきました 。
胎児診断の話題がメインで、超音波とNIPTをどう組み合せるべきかというのが一番のトピックスでした。
海外ではすでに、NIPTを全ての妊婦に推奨すべきというところまできているのに、日本では、いまだに硬直的な運用が続いています。
日本ばかりが硬直的で遅れているとは言いたくないのですが、PGS(着床前診断)にしても同様で、残念なことです。
























昼休みに近くを散歩していて。スターバックスに入りました。注文したら、なぜか名前を聞かれます。訳を尋ねると、取り違えないようにカップに書くとのこと。
とりあえず「ナカムラ」と伝えると、
「ナカタ?」と聞き返されました。
「ナ・カ・ム・ラ!」とはっきり言っても、
「ナカタ?」
何度、繰り返しても、
「ナカタ?」
仕方ないので「ナカタ・・・」というと「Oh、ナカタ!」
そんなわけで、Nakataになりました。











他に客は一人しかいなかったので、取り違えそうにもないのですが、ルール通りということなのでしょう。
帰国して まわりに聞くと、海外のスタバではよくあるらしく、この点では日本の方が柔軟だったようです。




医療法人オーク会のホームページ



2015年10月19日月曜日

生殖遺伝関係のセミナーに参加しました

理事長の中村嘉孝です。

生殖遺伝関係のセミナーでパリに行っていました。着床前診断PGD/PGSと出生前診断NIPTについてのセミナーですが、この分野は進歩が速くて、春にシカゴで参加した学会から半年も経たないのに、次々と新しい話が出ていました。

新しい技術についていこうとすると、世界中のあちこちで頻繁に学会やセミナーがあるので、参加するのが大変です。正直なところ時間も費用も厳しいものがあり、「ITの時代なのだからウェブですればいいのに」と思ったりもします。

ところが、休憩時間にロビーをうろうろしていると、年配の女性から写真をとってと頼まれました。快く引き受けて、あとで立ち話をしていると、ロンドンの産婦人科の教授でESHREの役員をしているとのこと。社会的理由による卵子凍結を積極的に進めるプロジェクトに取り組んでおられるらしく、当院も連携を取っていくことになりました。

ところで、パリといえばカフェですね。若き芸術家や小説家が足を運び、カフェで語り合う中で文化が生まれてきました。バイオインフォマティクスといって、遺伝検査もデジタル化されてIT優勢の時代ですが、やはり、足を運び、顔を突き合わせることが大事なのだと、改めて反省した次第です。









医療法人オーク会のホームページ







2015年8月3日月曜日

武庫川セミナーで発表しました

医師の田口早桐です。

8月1日土曜日、アルカイックホテルで行われた武庫川セミナーで、凍結胚盤胞移植における2種類のホルモン補充周期を比較したランダム化比較試験について、発表しました。

聖マリアンナ医科大学産婦人科教授、鈴木直先生は、医学的適応による若年がん患者さんの卵巣組織凍結についての講演をされました。活発な質疑応答が持たれました。












































医療法人オーク会のホームページ

2015年7月27日月曜日

勉強会に参加しました

725日土曜日、上本町シェラトンホテルで行われた勉強会に参加してきました。宮崎レディースの山下先生のご発表後、精子の検査法や男性不妊の取り扱いについて意見交換。また、大御所、慶應義塾大学名誉教授、吉村泰典先生とも、我が国の生殖医療の未来という大テーマで、質疑応答しました。色々お話しして、吉村先生は、とっても頭の柔らかい方だなぁと、改めて感心しました。

吉村泰典先生と

山下能毅先生と


















2015年7月17日金曜日

解読

理事長の中村嘉孝です。

ワシントンDCで開かれていた出生前診断の学会に参加してきました。着床前診断と混同しがちですが、出生前診断は妊娠してからの胎児の検査で、着床前診断は妊娠する前の受精卵の検査です。しかし、染色体検査についてはアレイといわれるチップを使う方法が主流になっていて、内容は共通しています。染色体の小さな欠失をどう取り扱うかなど着床前診断でも苦慮する部分について活発な討議が行われ、たいへん参考になりました。

今後は出生前も着床前も、染色体だけではなく、遺伝子のスクリーニングに進んでいくのは間違いないですが、一方で、同じ疾患の遺伝子を持っていても、重症になる場合とまったく何の症状もないことがあります。どうして、そのようなことが起きるのかというと、他の遺伝子と複雑なネットワークで関係しているからだ、ということが最近知られるようになってきました。遺伝子といっても単純にACTGの4つの暗号を解読するだけでは不十分で、今後はもっと高度な解読が必要になってくるでしょう。

ところで、会議が終わってから街を散歩していたのですが、FBIの建物の近くを歩いていて、『国際スパイ博物館』という看板が目にとまりました。団体の子どもたちが並んでいたので中には入らなかったのですが、スパイ養成教室とかもあるらしく、いつか機会があればぜひ参加してみたいものです。











入り口横の売店では、スパイグッズを売っていました。一見、オイルサーディンの缶詰のようだけど中はサバイバルキットが入っているとか、心躍るグッズの数々。もちろん、暗号解読機もありました。お土産に何か買って帰りたかったのですが、空港のセキュリティーで捕まるとちょっと間抜けだし、思い直してやめておきました。
















2015年4月20日月曜日

腰砕け

理事長の中村嘉孝です。

ある女性漫画家がエッセイで書いていたのですが、夫婦の口げんかでは自分の方が圧倒的に強いとのこと。ご主人はけんかの原因について理詰めの攻撃をしてくるけれど、自分は「そんなことより、脱いだ靴下をきちんと片付けたらどうなの!」とか、まったく論点と関係ない攻撃で意表を突く。そうすると、旦那はどう言い返していいか分からなくなり、腰砕けになってしまう、という話でした。

さて、卵子凍結に反対の立場の方々のよくある主張の一つに、「成功率が低いから」というのがあります。「卵一個あたりの妊娠率が10%程度で、体外受精に比べて妊娠率が低い」というのですが本当にそうでしょうか?体外受精の妊娠率は、胚移植(ET)当りで計算します。つまり、ETできるところまで成長できた受精卵だけについての話です。

まず、採卵できたからといって、すべての卵が受精するわけではありません。「でも、顕微授精(ICSI)だったら100%受精するんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、「受精」は「授精」とは違います。精子が卵子の中に入っただけではなく、卵子が活性化されて第二減数分裂を完了、その後、卵と精子それぞれが遺伝子の入った二つの前核を形成して、はじめて「受精」したといえるのです。

さらに、受精した卵は分割して成長していきますが、その途中で分割がストップしてしまう卵がかなりの割合であります。ETに適したところまで分割して着床する割合を考えると、別に卵子の凍結をしたから妊娠率が下がって10になっているわけではないことは明らかでしょう。

不妊症の医学的な定義では週一回程度の交渉を続けているのに2年間続けて妊娠しない場合とされています。これは、普通に生理のある方なら少なく見積もっても10回以上はタイミングが合っているということになります。

仮に卵一個の妊娠率が10%としても、30個の卵が保存してあれば、その中から少なくとも一人の子どもができる確率は96%です。ですから、「卵子凍結の卵一個当りの妊娠率が低い」とかいうのが、どれほど的外れな話かお分かりいだだけると思います。

そして、もっといえば「成功率が低いから」ということ自体がトンチンカンな理屈なのです。これが論点のすり替えであることは、いうまでもありません。クローンのときにも「成功率が低く、未熟な技術だから禁止すべきだ」という理屈がありましたが、科学的な議論をしているように見せかけながら、自分の道徳観を語っているのです。

最近もこんなニュースがありました。

こういったご主張を伺うたびに「そんなことより、靴下を片付けてよね!」と言われているような気がして、腰砕けになってしまいます。まあ、たしかに靴下は片付けた方がいいとは思いますが・・・。




















2015年3月19日木曜日

資生堂Beauty&CO.に船曳ドクターの記事が掲載されました

事務部よりお知らせです。

船曳美也子ドクターが、資生堂 美の応援サイト「Beauty&Co.」に記事を
書いていますのでぜひご覧ください。

「美肌に効くのはなんといっても女性ホルモン!子宮ケアで美肌をゲット☆」


2015年3月10日火曜日

共生

理事長の中村嘉孝です。

先日、英国の議会が、受精卵の核を別の女性の卵子に移植する治療を承認した、
というニュースがありました。報道では「これによって、遺伝子上3人の『親』を
持つ子供が生まれる可能性が高まった」などといわれていますが、実はもうすでに、
そのような人は世界で数十人もいます。

米国でFDAが倫理的理由でストップをかけるまで、Dr. Cohenのラボではミトコン
ドリア病を治療するのに、ミトコンドリア移植をしていました。当時は、受精卵の
核をミトコンドリアに問題のない卵子に移植するのではなく、正常なミトコンドリアを
受精卵に注入する方法を行っていました。もともとの異常なミトコンドリアは残って
いるのですが、注入された正常なミトコンドリアが機能することで発病を防ぐこと
できます。

もちろん、核移植の技術はその当時からありましたが、より侵襲の少ない方法で
ということでミトコンドリアの注入をしていたのでしょう。もう20年近く前ですが、
私もCohenのトレーニング・ラボでミトコンドリア移植も核移植も両方とも練習しま
したが、もちろんミトコンドリア移植のほうが簡単でした。ただ、全てのミトコン
ドリアが置き換わる核移植のほうが、先の世代のことまで考えるとベターだと思い
ます。

ところで、どうしてミトコンドリアだけ別に自分の遺伝子をもっているのでしょう。
変だと思いませんか?ミトコンドリアは、かつて地球に原始的な生命しか存在しな
かった頃に、別の生き物だったものを自分の細胞に取り込んでしまったものだと
考えられています。だから、核の中の本体の遺伝子と別の遺伝子をもっているの
ですね。

そうして生物の長い進化の歴史を振り返ると、もともと共生しているだけのミトコン
ドリアの遺伝子別の人のものだからといって、とりたてて気にするほどのことが
ないように、私には思えてくるのです。













2015年3月6日金曜日

オス駆動進化説

理事長の中村嘉孝です。

最近の生物学の本を読んでいると、「Y染色体は消失する運命にある」とか
「クローンができるようになったら、子どもを産む女性は必要だけど男は
必要なくなる」とか、男性としてはずいぶん肩身のせまい思いがします。

不妊治療の分野でも、残念ながら女性に比べて男性のできることは少ない
のです。男性不妊治療のことを英語でアンドロロジーというのですが、
アンドロロジーを熱心にする意味があるのか」ということが、海外の
学会でもよくトピックスになっています。

極端なことをいえば、一匹でも精子が見つかれば顕微授精(ICSI)をする
ことができます。ですので、逆行性射精の場合の尿中精子回収や無精子症の
場合のTESEなどを別にすれば、はっきりとした効果があるわけではありません。

もちろん、ご主人が奥様だけに負担をかけることを申しわけなく感じ、
できるだけの事をしたい」と思われるのは当然ですし、当院でも積極的に
男性不妊外来に取り組んでいます。しかし、そうして治療をがんばって、
たとえば精子の運動率が30%から40%に増えたとしても、さほど治療には
違いがないも事実です。

精子が少なかったり、運動率が悪かったりしても、女性の手を借りなければ
ならず、なかなか男性は女性に頭が上がらないのですが、先日読んだ生物学の
本におもしろいことが書いてありました。

「オス駆動進化説」というもので、進化をすすめるのは精子の方だ、という話
です。細胞分裂のときにDNAがコピーされます。生まれたときから数が決まって
いて分裂しない卵子とちがって、精子は次々と細胞分裂によって作られます。
ですので、DNAコピーのときにミスが多くなるのですね。ミスいうと聞こえが
悪いですが、DNAが変わるから進化であって、女性ではなく男性が進化の原動力
となっているのです。

男性としては、少しは鼻が高い話だと思ったのですが、よく考えてみるとそうで
もなさそうです。うまくいけば「進化」ですが、DNAの配列が変わることで病気に
つながる場合も出てきます。年齢が高ければ、精子も分裂をより多く繰り返して
きた、ということです。生殖と年齢といえば、どうしても卵子の染色体のこと
ばかりが話題になりますが、じつは加齢によって精子のDNAも影響を受けているの
ですね。

今、進められている着床前診断はaCGHといって受精卵に染色体レベルでの問題が
ないかどうかを調べるものなのですが、近々、次世代シーケンサー(NGS)で
すべてのDNAの配列を調べるようになるでしょう。そうすると、染色体レベルの
異常だけではなく、遺伝子レベルでの変異もわかるようになります。しかし、
はっきり病気ということがわかる変異はともかく、はたしてその変異は異常なのか
進化なのか、頭の悩ましい問題になりそうです。


2015年3月3日火曜日

資生堂Beauty&CO.に船曳ドクターの記事が掲載されました

事務部よりお知らせです。


船曳美也子ドクターが、資生堂 美の応援サイト「Beauty&Co.」に記事を
書いていますのでぜひご覧ください。

「浮気とおっぱいの深い関係。マンネリもラブラブもホルモンがカギ!」
http://www.beauty-co.jp/news/dbn/love/DB005218/


医療法人オーク会のホームページ

2015年1月30日金曜日

資生堂Beauty&CO.に船曳ドクターの記事が掲載されました


事務部よりお知らせです。

船曳美也子ドクターが、資生堂 美の応援サイト「Beauty&Co.」に記事を
書いていますのでぜひご覧ください。

「真実の愛は子宮が引き寄せる♡モテと排卵の深〜い関係」
http://www.beauty-co.jp/news/dbn/love/DB005043/











医療法人オーク会のホームページ

2015年1月27日火曜日

フジテレビ『FNNスピーク』でオーク会が紹介されました

事務部よりお知らせです。
フジテレビ『FNNスピーク』で「卵子凍結」について船曳美也子先生が取材を受け、
オーク住吉産婦人科が紹介されました。

Yahoo!ニュースでも紹介されましたので是非ご覧ください。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150127-00000217-fnn-soci












医療法人オーク会のホームページ

2015年1月19日月曜日

血液型

理事長の中村嘉孝です。

Fertility and Sterility の12月号に血液型と卵巣予備能についての
論文がありました。中国のデータですが、35,479人という膨大な人数
でのデータで、結論は「B型が危ない」というのが結論でした。
卵巣予備能というのは「卵巣にどれだけ卵胞が残されているのか」
ということで、FSHの基礎値とAFCで測っていました。

「ホントかいな」という感じではありますが、科学論文ですから、
もっともな考察がされています。

ABOの血液型は9番染色体の遺伝子にコードされている糖転移酵素の
種類によって決まります。つまり、赤血球の表面にどのような糖が付くのか
によって血液型が決まっているのですが、卵胞の発育を制御している
LH、FSHレセプターにも糖転移酵素によって糖が付くので、それが原因
ではないかと論文の著者は言っています。

このような話を紹介すると、「誤解を招くような学説を流布して無責任」
とか「人間のラベリングにつながる」とか怒られる先生方も多いのですが、
まあ、たいして罪のある話とも私には思えないので、血液型占いくらいの
つもりで思っていただければ幸いです。

血液型と卵巣予備能の研究は、これまでにも他にもいくつかあるようですが、
日本のものはないようで、世界一、血液型の話が好きなはずの国民なのに
不思議なことですね。ところで、どうして日本では血液型の話が人気なのか、
最近読んだ『血液型と性格』(大村政男著)という本に詳しく解説されて
いました。

この本は血液型占いの科学的な根拠を否定しながらも、こんな謎めいた言葉で
締めくくられています。

「血液型に夢中になっている現象の現実はこのようなものなのである。しかし、
まだすっきりしないものがある。・・・TBSで『血液型大運動会』を見学した
ことがある。大講堂で血液型別に着席している男女群のある列だけが妙に
騒がしかったことがいまでも強く印象に残っている。」

ちなみに、どなたも関心ないかとは思いますが、私はB型です。














医療法人オーク会のホームページ







2015年1月16日金曜日

資生堂Beauty&CO.に船曳ドクターの記事が掲載されました

事務部よりお知らせです。

資生堂 美の応援サイト「Beauty&Co.」に船曳美也子ドクターの
記事が掲載されました。

オス化の原因は草食男子!?ヒゲが生えてる女子は○○をケアせよ!
http://www.beauty-co.jp/news/dbn/healthcare/DB004952/












医療法人オーク会のホームページ