2015年11月30日月曜日

反省

理事長の中村嘉孝です。

出生前・着床前診断のセミナーのために、ボストンに行っていました。今回はビジネス寄りのセミナーで、遺伝子診断の機器を作っているメーカーの研究者が多数参加していました。

急速に進歩している分野ですので、もちろん色々な収穫があったのですが、今回、つくづく反省させられたことが一つありました。

それは、NIPTを妊婦に勧めるべきかどうか、という点についてです。もちろん、論理的には羊水検査の方が良いに決まっています。NIPTでは所詮、限られた染色体しか調べられないですから、NIPTで「問題なし」という結果が帰ってきても、他の番号の染色体に異常のある場合がいくらでもあります。

万全を期するなら羊水検査を選択するのが、当たり前の帰結なのです。もちろん、このことは私も十分に承知していたのですが、そうはいってもお腹に針を刺すのが嫌な人もいるだろうから、とご夫婦のお考えに委ねているつもりだったのです。

しかし、セミナーのディスカッションでこの話に及んだ時、ニューヨークの産婦人科教授が「自分の患者さんの70%が羊水穿刺を選択する。」と発言したのです。それに対してコロラド州の産婦人科教授から、「それはニューヨークの女性だからだ」という反論があり、笑ってしまいました。

「ニューヨークの女性=論理的なキャリアウーマン」ということなのでしょうね。

もちろんNIPTは素晴らしい技術ですが、それは公衆衛生の観点から見て効率的に異常を検出できるということです。英国のように医療費がすべて公費で賄われる国で、費用対効果を考えて導入されるものであって、個人が最大の結果を求めて選択すべき類のものではありません。

当院にお越しいただくご夫婦が、ニューヨークのご夫婦よりも論理的でない、などということはないはずです。私自身、もっと積極的に羊水検査の必要性を説得すべきであったと反省をしているところです。






















2015年11月16日月曜日

NHK生殖医療研究会に出席しました

11月11日NHK生殖医療研究会に出席いたしました。

演題は、大阪大学の中村仁美先生による「子宮着床能は前方視的に評価することはできるのか?」、高知大学の泉谷知明先生の「子宮内膜症発症における逆流経血と腹腔内免疫システム」、宇都宮大学の吉澤緑先生の「哺乳動物の生殖工学」でした。

気軽な会なので、質問も飛び交い、楽しく過ごしました。吉澤先生は農学部教授。畜産分野の生殖は人間よりずっと進んでいて、興味が尽きません。そのご講演の中で、印象に残った言葉は、これ。

「家畜の定義ですが、飼いならすだけでは家畜と言いません。人間が生殖をコントロールして初めて家畜といいます。」

「畜産分野の生殖工学の目的は、優良家畜を得ること。ここでいう『優良』とは、『人間にとって』ということです。」




医療法人オーク会のホームページ










2015年11月2日月曜日

硬直

理事長の中村嘉孝です。
モントリオールで開かれていた国際産婦人科超音波学会に参加してきました 。
胎児診断の話題がメインで、超音波とNIPTをどう組み合せるべきかというのが一番のトピックスでした。
海外ではすでに、NIPTを全ての妊婦に推奨すべきというところまできているのに、日本では、いまだに硬直的な運用が続いています。
日本ばかりが硬直的で遅れているとは言いたくないのですが、PGS(着床前診断)にしても同様で、残念なことです。
























昼休みに近くを散歩していて。スターバックスに入りました。注文したら、なぜか名前を聞かれます。訳を尋ねると、取り違えないようにカップに書くとのこと。
とりあえず「ナカムラ」と伝えると、
「ナカタ?」と聞き返されました。
「ナ・カ・ム・ラ!」とはっきり言っても、
「ナカタ?」
何度、繰り返しても、
「ナカタ?」
仕方ないので「ナカタ・・・」というと「Oh、ナカタ!」
そんなわけで、Nakataになりました。











他に客は一人しかいなかったので、取り違えそうにもないのですが、ルール通りということなのでしょう。
帰国して まわりに聞くと、海外のスタバではよくあるらしく、この点では日本の方が柔軟だったようです。




医療法人オーク会のホームページ