2016年12月23日金曜日

人工知能

理事長の中村嘉孝です。

オーク会では体外受精のプロセスを、すべて情報システムで管理しています。週一回のシステム開発会議で現場からフィードバックを受けながら、このシステムは社内のIT部門によって自社開発されています。

凍結胚についても、当然、システム上で個別に登録されており、分割プロセスの顕微鏡画像やグレードなど履歴が一目で判るようになっています。
さらに、それらの履歴情報を数値化しており、アルゴリズムに基づいてどの胚を優先的に移植すべきかシステムに自動的に表示されるようにしています。最近、人工知能の話題をよく目にしますが、大げさにいえば、この移植胚優先順位付けシステムも一種の人工知能。

もちろん定型化できない情報もありますから、メモとして残されていることも含めて総合的に人間が判断することにはなるのですが、その補助として非常に役立っています。
新しい技術を取り込みながらシステムを常にバージョンアップしていますので、人工知能の技術が発達すれば、より高度なサポートができるようになるのではないかと期待しているところです。

最近、『人工知能のための哲学塾』という本を読みました。著者の三宅陽一郎という方はゲームの人工知能を開発しているそうですが、工学と哲学の交錯する議論を紹介しています。

本当に機械が人間と同じように思考ができるようになるのか私にはわかりませんが、小説や映画では思考を獲得したコンピュータシステムが、いつの間にか人間に取って代わって世界を支配する、という筋書きがよくあります。
このような懸念は昔からのことで、1950年にSF作家のアシモフが著した「ロボットの三原則」が有名です。

「人に危害を加えてはならない」から始まる原則ですが、幸い現在のところまでそのような心配もなく、一方で技術の発展によって日常生活も随分と便利になっています。
しかし、店頭で質問に答えるロボットやiPhoneのSiriの受け答えを見ていると、確かに、空恐ろしく感じるときもあります。

先ほどの本によると、お掃除ロボットのルンバもサブサンプション・アーキテクチャー(Subsumption Architecture) とかいう人工知能の技術を使っているとのことで、驚きました。

念のため、今、自宅のルンバにアシモフの三原則を言い聞かせているところです。


























0 件のコメント:

コメントを投稿