2016年1月29日金曜日

骨髄バンク

理事長の中村嘉孝です。

昨日、駅で写真の広告をみかけました。高邁な理念の広報活動にケチをつけるのは憚られるのですが、コピーに少し引っかかるところがあります。

「キミじゃなきゃ、ダメなんだ」はとても良いのですが、「そう言われることが、人生で何回あるだろう」は、確かにそうだけど放っておいてくれないかな、と思ってしまいます。

さて、産婦人科医が骨髄バンクに何の言いがかりかと訝しむ向きもあられるでしょうが、少しは関係があるのです。

ご存じの通り、骨髄移植ではドナーの骨髄から血液をつくる細胞を取り出し、白血病などの患者さんに注射するのですが、拒絶反応がおきないようにHLAという白血球の血液型を合わせなければなりません。しかし、この血液型は4つしかない赤血球のABO型とちがって組み合わせが数万通りもあります。ですから、ドナーを探すのは簡単ではありません。

しかし、出産のときに臍帯の血液を採って凍結保存しておけば、もし、その子が白血病になったときに自分のために使うことができます。民間に保管業者があって、当院でも分娩をしていた時には多数の方の臍帯血保存をお手伝いしました。

でも、これはあまり普及しませんでした。最大の理由は学会の反対で、学会が進める公的な臍帯血バンクの妨げになる、というのです。公的なバンクは本人のために保存するのではなくて、今の患者さんの中でHLAが合致する人に移植するために臍帯血を保存します。

崇高な互恵の精神ですが、となると、運悪く自分が白血病になった時に、すでに自分の臍帯血が使われてしまっていることもあり得ます。「だから自分の子どもの為だけに」と思うことは、利己的と非難されるべきことでしょうか。もっといえば、いずれ将来、保存の必要がなくなった臍帯血はバンクに贈ることもできます。学会の姿勢は、私には独善的正義に思えます。

もう一つ、産婦人科と関係あるのは、体外受精です。簡単には同じ組み合わせが見つからないHLAですが、兄弟についてはHLAも同じ両親から遺伝しているので、高い確率で一致します。もし一致する兄弟がいない場合には、体外受精で受精卵を作り、着床前診断でHLAが一致したものを選んで妊娠するのです。そして、出産のときに臍帯血を採って、兄弟に移植します。

生命を何かの目的に利用するとは何事か、という批判もあるのですが、「何のために生まれてきたかわからない」という人生よりも、少なくとも「兄を救うために生まれてきた」という方が、よほどいいと私は思っています。

骨髄バンク自体も最初のころには賛否がありました。色々と議論の尽きない領域ではありますが、こういったジレンマは、結局のところ論理で解決できるものではなく、修辞、つまりどのような表現で伝えるかによって社会の受容が決まるのだと私は思っています。だから、件の広告のコピーのちょっとした物言いが、私はとても気になってしまうのです。

2016年1月20日水曜日

工事についてのお詫び

理事長の中村嘉孝です。

現在、本院では各種の工事が続いており、皆さまには大変なご迷惑をおかけしております。

昨年には隣家をお譲りいただき、『オーク住吉ANNEXとしてリフォーム。おかげさまで、お子さま連れの患者さまのために庭のある広々とした託児室をつくることができました。

年明けには、お忙しい中にお越しいただくご主人様をお待たせすることがないよう、採精室を増設しました。

今週には従来からのサージセンターに加えて、2Fに新たな処置・回復ユニットが完成、より一層のニーズに、より安全に対応できる態勢を整えました。

今は、1Fにカウンセリング室を設ける工事が進んでおります。また、皆さまの目に触れるところではありませんが、医局と会議室のIT化や教育研修センターの設置など、より高度の技術をご提供できるようにさまざまな施設の整備も進めております。

なにぶん診療を継続しながらの工事で、数々のご不便をおかけしておりますが、何卒、ご寛容いただきますようにお願い申し上げます。














2016年1月12日火曜日

Let It Go

理事長の中村嘉孝です。

長らく祝日も関係のない仕事をしているので、いまだに成人の日は15日という意識が抜けず、昨日、街で華やかな振袖のグループを見て、初めて成人の日だったことに気が付きました。新成人の皆さま、おめでとうございます。

成人式での千葉県浦安市長の祝辞がニュースにありました。
「人口減少のままで今の日本の社会は成り立たない。若い皆さんにおおいに期待をしたい」
「これまで結婚適齢期というのはあったが、少子化で日本産科婦人科学会は出産適齢期ということを若い皆さんに伝えようと努力し始めている。18~26歳を指すそうだ」と述べられたそうです。

浦安市の成人式は毎年ディズニーランドで行われているそうですが、市長の発言は『アナと雪の女王』のごとく会場を凍らせたことでしょう。

もちろん少子高齢化が経済に悪影響をもたらすのは、いうまでもない事実です。しかし、国家経済のために、「早く産むことを期待する」などというのは思い上がりも甚だしい。妊娠出産というのは最もプライベートな営みです。そんなことは行政からとやかく言われるべき話ではなく、まったく余計なお世話ですね。

また、出産適齢期を啓蒙するといっても、それは、保健体育の授業で月経のメカニズムについて説明するのと同じ話で、適切な場があります。それを、成人の門出を祝う場で首長が発言するセンスを疑います。

思うに子宮頸がんもそうですが、女性の医療というのは話題性が高いので、政治が絡みたがるのでしょうね。乳がんのピンクリボンは話題になりますが、前立腺がんのブルーリボンはかなり認知度が低いです。

浦安市長は卵子凍結の補助でも有名ですが、なぜか順天堂浦安病院限定で、経済原理、競争原理から考えていかがでしょうか。少子化対策に熱心なのは、ありがたいことなのですが、どうもピンボケで困ります。

こんな祝辞を聞かされた新成人の皆さんは誠にお気の毒なことですが、市長は確信をもっての発言のようですから、『Let It Go』で受け流しておくしかないでしょう。












2016年1月4日月曜日

時空を超える

理事長の中村嘉孝です。新年明けましておめでとうございます。

幣法人の今年のテーマは「時空を超える」です。何のことかと思われるでしょうが、実はテーマをつけたのは今年が初めてです。今から社内の年賀会で言おうと思っているのですが、説明が至らず「ついにうちの理事長もおかしくなってしまったか」と皆から辞表が出ないか心配で、あとでこのブログを読むように伝えるつもりでおります。

現在、幣院では全社を挙げてIT化を推し進めています。年末から診察や処置のたびにバーコードリーダーでスキャンさせていただいております。ご面倒をおかけしますが、ミスを防ぐためにもっとも有効な方法ですので、ぜひご協力をお願い申し上げます。

このようなシステムは市販の電子カルテを買えばよいと思われるかもしれませんが、それでは業務内容をシステムに合わせなければなりません。私たちが本当によいと思う診療をご提供するために、幣院では全て法人内でシステム開発を行っています。

不妊診療を周期ごとに一覧できる不妊診療サマリーの開発から始まり、凍結保存管理システム、ARTプランニング管理システム等々単なる電子カルテではなくきめ細かく業務をシステム化するため、すでに10年以上をかけて開発が続いています。昨年、ようやくこれらを統合して、長年の懸案であった本院と分院間の連携が可能になりました。

健康保険診療については、法制度上の制約から複数機関にまたがって診療を進めることはできないのですが、体外受精を中心とした自費診療については対応が可能になっております。

卵子、精子や胚の凍結保存も時空を超えた診療ですが、他にもIT化によって時空を超えた診療によって患者さまの時間的、空間的な制約をできる限りなくすよう、今後も引き続き努めてまいります。

また、私自身の介護体験から3年前始めた介護事業ですが、来月に堺の御陵前に二つ目のデイサービスをオープンする運びとなりました。こちらも皆さまのお力添えのおかげです。衷心より感謝を申し上げます。

では、本年も引き続きオーク会をご愛顧いただきますよう、お願い申し上げます。









医療法人オーク会のホームページ