2016年9月26日月曜日

欧州ヒト生殖医学会が主催するセミナーに参加しました

理事長の中村嘉孝です。

オランダは不思議な国です。英語でもHollandと呼ばれたりNetherlandと呼ばれたり、オランダ人の事はDutchで、それぞれイメージが違って、ややこしいですね。

オランダと聞くと風車とチューリップの牧歌的な農業国のイメージなのですが、その歴史ある王国の首都のアムステルダムと聞くと、まるで印象が違います。

大麻が合法で、街中のあちこちにある「コーヒーショップ」でマリファナを吸っている客の姿があり、また、カジノ、売春はおろか安楽死も合法で、ゲイ、レズビアンの聖地という究極のリバタリアニズムの国際都市というイメージですね。

今、アムステルダムで開かれていた欧州ヒト生殖医学会が主催するセミナーの帰途にあります。
ドナー卵への核移植、幹細胞から作成する精子と卵子、ゲノム編集など議論の多い新しい生殖技術についてのセミナーで、まことにアムステルダムにふさわしい内容です。銀座の開業前の忙しい時期ですので時間的に無理と諦めかけていたのですが、一泊で帰る最短スケジュールで参加でき、とても良かったです。

一番面白かったのはベルギーの生命倫理学者の話で、レズビアンカップルの一方の卵子をドナー精子で受精し、その胚から精子を作ってもう一方の卵子を受精させれば、カップルのそれぞれが子どもと25%遺伝的に繋がることができます。

今まで考えつかなかった視点で、日本で聞くと違和感のある話でも、アムステルダムの街で聞けば「あっ、そうなんだ」と思えるだけで不思議です。新しい技術の受容というのは、結局は慣れの問題なのだと改めて思いました。











2016年9月22日木曜日

『男性のみ』お断り

理事長の中村嘉孝です。

ネットでニュースを見ていて、ある記事が目に飛び込んできました。

「『男性のみ』お断りのイタ飯店 差別指摘」

東京のイタリアン・レストランが「『男性のみ』のお客様はお断り」との方針を打ち出したところ、「性差別だ」と批判が起きたというのです。

弊院でも「男性のみ」はお断りしているので、人ごとではありません。
男性不妊外来は行っているのですが、あくまでご夫婦での治療の一環とした運営で態勢を組んでおり、パートナーが受診されていることが前提になっています。

ただケース・バイ・ケースで、お受けしていることもあります。たとえば、思春期の男の子ががんの治療を受ける前に精子を保存しておくため受診することもあります。もちろん、そんな場合にお断りするはずはありませんので、電話でご相談いただければと思います。

弊院のことはさておき、先ほどのイタリアンの店の話。
私も考え方が偏っているのかもしれませんが、男同士なら蕎麦屋とか割烹とかでないと絵面も悪いし、そもそも男だけでイタリアンを食べて旨いのかと思ってしまいます
飲食店などは色々な個性があるからこそ面白いのであって、画一的な対応をする必要はないと思いますが、残念ながら、今回のお店は、安直なポリティカル・コレクトネスに屈して、方針を撤回したようす。

ところで私ごとで恐縮ですが、来週火曜日の午後、男二人でパンケーキを食べに行く予定になっています。














2016年9月9日金曜日

銀座

理事長の中村嘉孝です。

地方の飲食店などが少し流行ると、銀座に店を出したら、などと考えだす。これだけの客が来ているのだから、銀座に行けばもっと流行るはず、だと思う。たまに来る東京の客からも「銀座に出してくれたら毎週行けるのに」などと、そそのかされる。

どんなものかと不動産屋に物件をあたっていると、それを聞きつけた人から「銀座ですか、さすがですね」などとおだてられ、いよいよ本気になる。

自分の店がなんとかやって行けているのは、目の届く範囲だからマシなサービスができるだけではないかとか、経費が安いからリーズナブルに出せているだけではないかとか、そんな当たり前のことが冷静に考えられなくなる。

偶然に恵まれた幸運を忘れ、馴染み客への感謝もおざなりに、己の実力と自惚れて、ついには目一杯の借り入れをして、高い家賃で銀座に店を出す。もちろん最初は祝いの客が駆けつける。挨拶などと称して、近くの同業の店を回っては杯をあげ、天下をとったつもりになる。

でも、それまで。少し気の利いた店などあちこちにあるから、もの珍しさの最初の客はすぐに引いてしまう。「毎週通うよ」などと言っていた客も開店祝いだけで、それっきり。

だけど、まだ気づかない。自分の腕なら、半年でなんとかなると信じ込む。そのうち、留守を任せていた本店が傾き始める。いよいよ焦りだすが、まだ未練があって、銀座の店じまいはしない。ついに資金に行き詰ってから初めて、そんな器ではなかったことに気づくも後の祭り・・・。

そもそも銀座というのは昔からの老舗があってこその街で、京都と同じく、新参者がのこのこやってきて「銀座でございます」などと言うものではない。それに、銀座が流行や高級の代名詞だったのは、ずいぶん昔の話で、もう時代は青山、表参道や六本木。

そんなことも分からず今日もまた、銀座に新参者がやってくる。調子に乗って看板にまで「銀座」と入れて。

・・・すみません、調子に乗ってしまいました。「オーク銀座レディースクリニック」、10月1日にオープンします。銀座二丁目の中央通りの交差点、カルティエが入る茶色いビルの7Fです。

ビル内ですので、もちろん入院ができないなどの制約はありますが、自家発電装置、クリーンルーム、医療ガス配管など安全対策の設備工事を行った上で、本院と同じ規模のラボラトリーを確保しました。

スタッフは数ヶ月前から大阪に仮住まいして技術研修センターでトレーニング、その後、本院での実務にも従事した上でオープンに備えています。また、当面は本院からスーパーバイザーが常駐いたします。

カルテもオンライン化されていますので、大阪の診療をそのまま引き継げます。特に、これまで関東以遠から大阪までお越しいただいていました患者さまにとって、多少とも便利になれば幸いに思います。ぜひとも銀座院を受診いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

















2016年9月5日月曜日

麻疹

理事長の中村嘉孝です。

先日から熱と咳で苦しんでいます。麻疹(はしか)が流行のきざしとのことで心配していたのですが、ただの夏風邪のようで安心しました。

恋愛など若いころに誰もが通り過ぎる経験をさして、「はしかのようなもの」という言い方があるくらいで、少し前までは麻疹はあまり大事には考えられていませんでした。実際、ほんの10年ほど前の日本で、麻疹の流行は普通にありました。

ところがワクチン対策が進んで流行が見られなくなり、昨年にはWHOが日本から麻疹は「排除状態」にあると認定。今や、ジャスティン・ビーバーのコンサートに麻疹患者がいた、ということが重大ニュースになるくらいで、変われば変わるものです。

感染症は人間の最も根源的な恐怖心を惹き起こします。当時の舛添厚労相がテレビカメラを前に大活躍された新型インフルエンザの大騒ぎを思い出しても、論理的な対応の難しさを痛感します。

歴史が作られる過程で疫病が果たした役割を考えると、感染症のコントロールが重要なのはよくわかるのですが、ジカ熱とか、学生時代には聞いたこともなかったウィルスが流行する様子をみると、もっとも原始的な生命体であるウィルスを人類が制圧しようするのは、途方もない試みのように思えます。

現在、まさにアウトブレイクしようとしている麻疹。ご存知のように、たいていの方ははしかのワクチンを打っているはずですが、残念ながら終生免疫というわけではありません。皮肉なことに、流行がないとウイルスに晒される機会がなくなり、なおさら免疫の持続効果が弱まります。妊娠中に発症すると流産、早産のリスクが高くなるとされています。皆さまも、くれぐれもお気をつけ下さい。

ところで、「はしかのようなもの」と麻疹にたとえられる恋愛。「年をとってかかるとそれだけ重い」と続きます。だた麻疹とは違い、免疫がつかず何度も繰り返しながら、ますます重症化が進む症例も多いようです。