2017年4月28日金曜日

子宮内膜着床能についての講演をしました

医師の田口早桐です。

4月22日土曜日ホテルモントレグラスミアにて講演会があり、講師を務めさせていただきました。【女性医師による不妊治療を語る会】で、私の演題は「子宮内膜着床能検査ERA(endometrial receptivity array)の現状と課題」でした。

その他典子エンジェルクリニックの舩越典子先生による「薄い子宮内膜による着床不全を改善する薬物療法」という講演と2演題。

小規模な会ながら、座長はあの、二段階胚移植を考案された後藤レディースクリニックの後藤栄先生。内膜の着床能を高めることが、なんといっても今一番のARTにおける課題。喧々諤々、議論が大いに盛り上がりました。

他の参加メンバーは当院からは船曳美也子先生、上本町レディースクリニックの橋本弘美先生、天神橋ゆかこレディースクリニックの頼裕佳子先生、ちかえレディースクリニックの田所千加枝先生と、大阪最強の女医さん達が集合しました。皆さん、オーク会と連携を取って、不妊治療に力を入れている先生方です。

後藤先生の考案された二段階胚胚移植法やsheet法で着床の窓が広がるという基礎研究データがあります。当院でも取り入れていますが、まだERAとの関係は明らかになっていません。今後の課題がいろいろ見えてきましたので、有意義な会でした。











医療法人オーク会のホームページ