2017年12月11日月曜日

検査の精度

理事長の中村嘉孝です。

「感度」が100%の検査、つまり、がん患者100人に検査したら100人とも+の結果になる検査があるとします。もし、あなたがその検査を受けて+の結果だったら、あなたががんである確率はどれくらいだと思いますか?

「なに悠長なこと言ってる。がんに間違いないだろう!」

でも、ちょっと待ってください。がん患者の検査結果が+であることと、検査結果が+である人ががんであることは、逆の関係です。

検査の精度は「感度」だけではわからないのです。がんでないのに間違って+になる、つまり、偽陽性のことも考えないといけません。

で、がんでないことがわかっている人にこの検査をしたら、100人中1人は間違って+になったけど、99人は正しいの結果だった。この場合、「特異度」が99%といいます。検査の精度は、「感度」と「特異度」で決まります。

「で、私ががんの確率は?」

すみません、実はよくわからないんです。

「ふざけるな」と思われるかもしれませんが、本当です。例えば、マンモグラフィーの乳がん健診を考えてみてください。

感度80%、特異度90%だったとすると、本当のがんの人の2割を見逃し、がんでない人の1割を過剰診断してしまう、ということですね。

これを表にしようとすると、本当に乳がんであるかないかというのと、検査結果の+と−で、4通りの組み合わせになります。

仮に1000人が健診を受けて、その中にがんの人が20人隠れていたとします。検査の感度が80%だから、16人が+になり、4人は−で見逃しです。逆に、がんでない残りの980人のうち10%は間違って+になってしまいます。次の表の通りです。








そして、+の結果が出たときに本当にがんである確率、皆が本当に知りたいのはそれ。で、+のところを横向きに見てください。+になった人の合計114人のうち、本当にがんの人は16人だけなんです。計算すると、14%ほどになります。 でも、この数字はもともとの集団にどれだけの割合で本当に病気の人がいたか、によって違ってきます。どのような人たちに検査をしたかで、検査結果の意味が変わってしまうのです。 「は?同じ検査でしょ?」 はい、そうなんです。例えば、インフルエンザの検査。のどを綿棒でこすって調べる、あの検査が、夏と冬とでは検査結果の意味が違ってきます。 夏で誰も風邪なんか引いていない時と、冬でインフルエンザの流行期では、まったく同じ検査キットを使っているのに、+の結果の意味が違います。冬には結果が+の人の90%が本当にインフルエンザなのに、夏には1%しか当たらない、なんてことになるのです。 これが確率というものの限界で、だから、実際の診断ではのどの痛みとか熱とか、総合的に判断しないといけません。マンモグラフィーについても同じで、もともと「しこり」があるとか、家系に乳がんが多い、という方では意味が違ってきます。 確率について計算できるのは、もともとの確率、つまり事前確率があるから。検査前の事前確率に検査結果を加味して計算し直し、事後確率を出しているので、単に検査だけでは、確率が計算ができないのです。 このような確率計算の方法をベイズ統計といいますが、ベイズ統計では極端な話、事前確率は何でもいいのです。どっちかわからないし五分五分からスタート、とか、いや7割くらいでしょう、とか完全に主観で恣意的に決めてよいのです。 マンモグラフィーの例をもう一度考えてみます。市民集団健診だから有病率を事前確率にしました。そして、結果を市民全体でみたら確かに当てはまる。でも、それってトートロジーじゃないですか。 確率は何かを母集団と仮定したときに、その中で個別性を無視して十把一絡げにしてはじめて成立するものであって、個人にとって確率とは、原理的に、存在しないのです。 ところが新型出生前検査(NIPT)は、この「原理」によって成り立っている検査なのです。(続く)




0 件のコメント:

コメントを投稿